初心者さんが初めて買うならイラストレーター?フォトショップ?失敗しないWebデザインソフトの選び方

Webデザイン

こんにちは。さくらです。
Webソフトでお仕事をする時、絶対に必要なのものに画像編集ソフトがありますね。
ですが、初心者さんは一体どんなソフトを使えばいいの?と迷うのではないでしょうか。
私もWebデザインをやってみようと思った時は何もわからず、どんなソフトを使えばいいのかもよくわかりませんでした。
そして、いろいろ調べてみて、Webデザインをするには主要なソフトというのは、adobe社のphotoshop(フォトショップ)とillustrator(イラストレーター)は必須のソフトだとわかりました。
今回は、photoshopとillustratorの特徴の違いを説明します。
これからWebデザインを始める初心者さんにはどちらが適しているのか、あなたにピッタリ合った画像編集ソフトの選び方をお伝えしますね。

スポンサーリンク

adobeソフトはなぜデザインをするうえで必須なのか

adobeのソフトがWebデザインをするうえで必須です。
なぜadobeなのか? それはWeb製作の仕事をしている大多数の人が使っているソフトだからです。
全部の工程をすべて一人でやっていたり、誰かほかの人にデータを渡す機会がない場合などは違うソフトでもさほど問題はありません。
でも、いざデータを他の人に渡した場合、相手も同じソフトを持っていなければ相手がデータを開くこともできないといった状態になってしまいます。
複数でチームを組んだり連携した仕事をすることを考えると、他の大多数の人も持っているソフトを使用していればスムーズに連携が取れるようになるんですね。
そのために周囲と同じものを使うんです。
なので、Webの仕事をするわけでないのなら、Adobeのソフトでとこだわる必要もないということです。
Webデザインを仕事にしたいかどうかで、Adobeのにソフトを使う使わないかを決めるポイントにもなります。

photoshopとillustrator違いは

ふたつのソフトのおおまかな違いは
・photoshopは写真を加工するソフト
・illustratorはイラストを描くソフト
ということです。

photoshopでできる事は、
写真の補正・写真加工・写真の合成などです。

たとえば写真の明るさを変える。(もみじあたりがわかりやすいかも)

こんな画像の猫だけを切り抜いて、違う画像に合成することもできます。

基本的にこのように写真を加工するのはphotoshopを使います。
illustratorではやろうと思ってもできません。
photoshopはWebではバナーやWebページ全体のデザインなどにもよく使われます。

一方、illustratorはロゴデザイン、アイコン、アバターなどに適しています。
シンプルな塗りと線で表現できるような画像に向いてるんですね
また、雑誌のレイアウト、チラシ作成などの印刷物にもよく使われます。

illustratorの画像はベクトル画像といい、photoshopの画像はビットマップ画像といいます。
ビットマップ画像は無数の点が集まってできた画像の事で、拡大したら図形がだんだんとぼやけていき、拡大が大きくなるとカクカクした四角が集まっている感じです。
写真はビットマップ画像になるのでそれを加工するのはやはりビットマップ画像を扱うphotoshopです。

それとは反対にillustratorのベクトル画像はいくら拡大縮小しても画質が劣化せずなめらかさを保ちます。
そこが、大きくも小さくも印刷されるようなロゴやアイコン、イラストなどにむいてるんです。
会社のロゴを作っても看板などに大きく印刷してぼやけてしまうのでは困りますからね。

こんな感じのアイコンや平面的な画像もillustratorの方がむいています。

Webページのデザインでもphotoshopとillustratorの両方が使われます。
それぞれ、なんとなく慣れている、好みだということで使用ソフトが選ばれているようです。
最初からWebページの製作をしていたような人はphotoshopを使っていたり
チラシなどの印刷の仕事をしていた人がWebの方の仕事をするようになったら、illustratorで制作するといったパターンが多いようです。
どうしてもこれを使わないといけないという決まりがあるわけでもありません。

adobeではそれぞれillustratorやphotoshopの単体で使えるプランもありますが、複数のソフトを使うのであればコンプリートプラン(いくつかのソフトを使うことができこれだけあればWebデザインだけでなくいろんなことができます。)といった方がお得になるんですね。
後からプランを変えるのもなにかと面倒です。
でも、少しでも安い期間があった方がよければ、はじめは単体でとphotoshopでいいと思います。
理由は、Webデザインでは両方のソフトを使いますが、どちらかというとphotoshopはWebでillustratorは印刷に使われることが多いからです。
photoshopをあらかたマスターしたらillustratorという順です。
ひとつだけならphotoshopはフォトプランがお得に使えるのでお勧めです。
また、illustratorと両方使うようなら後々他のソフトも使えてお得なコンプリートプランにしましょう。

↓ ↓ ↓ adobe公式サイトへ

まとめ

Webデザインなどデザイン系の仕事をしようと思った時、まずillustratorとphotoshopといったadobeのソフトは必須になってきます。
photoshopは写真の補正や合成といった画像の加工が得意
一方、illustratorは主にイラストを描いたりロゴやアイコンなど平面的ではっきりとした画像を作ることに向いています。
用途に合わせて使い分けるのがいいでしょう。
Webデザインをするならphotoshop、印刷ならillustratorが主流ですが、この二つはどちらもぜひ押さえておきたいソフトなので、最初に買うのなら自分のやりたいことに合った方を選んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました